TOP> ミラノ
カテゴリー内記事一覧

スカラ座

世界のオペラファン憧れのスカラ座は、18世紀の新古典様式の建物を第2次世界大戦の空襲で失い、1946年に再建したものです。

概観は拍子ぬけするほどあっさりしたデザインですが、内部の豪華さはなんともいえません。

赤いじゅうたんに天井にはシャンデリア。3000人を収容できます。

ドゥオモ

ジャン・ガレアッツォ・ビスコンティの命令で1386年に着工されてから、ナポレオンがファサードの改築を終える19世紀の初めまで、実に500年以上にわたる大工事の末、完成した大伽藍です。

聖堂のサイズは奥行148メートル、幅91メートル。ゴシック建築としては世界で一番の大きさです。

大聖堂左横の階段、もしくは、エレベーターで屋上に赴くと、尖塔の彫刻や巨大な聖人像が間近に迫り、すごい迫力です。

ミラノ市外はもちろん、天気がよければ、アルプスまでも見渡せる眺めです。

ミラノ

ヨーロッパの中心都市である、中世の香りを残しながら、時代の先端をいく、ミラノ。

ファッションの発進地として注目されています。

ドゥオモをはじめとする壮大なモニュメントの数々、中世の名家、ビスコンティ家やスフォルツア家の残した美術品、オペラの殿堂スカラ座など、見るべきものは尽きません。

パリ、ニューヨークと並ぶファッションの情報発信基地であるミラノ。
荘厳な大聖堂で知られるこの街では、18世紀以降、繊維産業が目覚しい発展を遂げました。

皮革製品のプラダや、テキスタイルのエトロも、ここミラノが発祥の地です。
続きを読む



広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。